20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

未分類

不動産投資の自己資金目安は?

投稿日:

不動産投資の自己資金目安は?

不動産投資を始めようとする際に、「自己資金」が基本的には必要になってきます。

そこで自身自身の収入で自己資金がどのくらいあればいいのかという疑問を持っている人も

多いかと思います。ではいったい不動産投資の自己資金目安はどのくらい必要なのでしょうか?

 

一般的に言われている平均年収よりも低いから厳しいと考えがちですが

今は銀行なども貸してくれます。ではどのような条件で貸してこれるのかなども

理解していると有利かと思います。資金繰りのところも知識を深めましょう。

 

 

自己資金は物件価格の1~2割

 

最近はフルローンと言ってすべて融資してくれるようなものがありますが、

金融機関は、実際にフルローンを出すとしても自己資金を要求してくるようです。

理由は返済額を減らして得られるキャッシュフローを多くすることや、もしもの時に資金を確認し、返済の確実性を担保するためのようです。

 

不動産投資をしていて、もしも何かがあった時に最低資金があれば、銀行が返済を滞ることもないと

判断でき多く融資を受けれられるというもののようです。

ある程度の自己資金はやはり自己資金は厚く用意しておくのがいいと思いますが、

物件価格の1~2割ほどがいいかなと思っております。

 

自己資金と頭金との違いって?!

 

よく聞く「頭金」というものがありますね。車、家を購入する際によく聞きます。

自己資金とちょっと似ている気がしますが違いはあるのでしょうか?

 

自己資金と頭金は、厳密には区別されるもののようです。

・「頭金」とは、融資を受けて物件等を購入する際に、最初に用意する「現金」

のようです。物件購入には不動産そのものの価格+「諸費用」というものも費用が掛かります。

諸経費は融資で払うのではなく、現金で支払う必要があるようです。

 

諸費用とは、主に「仲介手数料」「登録免許税」「印紙税」「司法書士報酬」「印紙税」「登録免許税」「地震保険料」「火災保険料」などのことです。

 

では自己資金とは

・頭金と諸費用を合わせた金額のこと

を言うようです。「自己資金=頭金+諸費用」という関係性となっているようです。

 

諸費用に関しては、新築の場合は物件価格の4%~7%、

中古の場合は物件価格の7%~10%ほど掛かると一般的には言われています、

 

不動産の消費税に関しては、建物にはかかりますが、土地にはかからないようです。

 

 

 

-未分類
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

都内のワンルームマンション投資について

都内のワンルームマンション投資について

不動産投資をこれから始める方にとって、物件選びは普通に悩みます。 そこで今回は東京都!「都内のワンルームマンション投資について」について考えていきた いと思います。都内のワンルームマンションに投資をす …

不動産投資初心者向けセミナーの選び方

不動産投資初心者向けセミナーの選び方

不動産投資を始めるうえでの勉強方法として「本」と「セミナー」が中心となる人が多いいでしょう。ですが実際のどの本を選べばいいのか。どういったセミナーを受ければいいのかと迷うことが不動産投資初心者にありま …

海外不動産投資のメリットやデメリット

海外不動産投資のメリットやデメリット

投資の中でも比較的安定した利益が確保できるという点で注目されている不動産投資。 国内のみならず、最近は海外の不動産に投資するというのも注目を浴びてきているようで す。では海外不動産投資するメリットはど …

不動産投資にはとういった基礎知識が必要なのか

不動産投資にはとういった基礎知識が必要なのか

  不動産投資を始めるに特別な資格は必要ありませんが、最低限の基礎知識は必要だと思います。 ただ闇雲に不動産投資用物件を購入し投資をしても収益を得るどころか損失をしてしまうことがおおいいでし …