20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

不動産投資の基礎知識

会社員が行う不動産投資の一連の流れ

投稿日:

会社員が行う不動産投資の一連の流れ

不動産投資と一言ってもやり方様々で人それぞれです。

初めて不動産投資をしようとしている方は実際の不動産投資の流れなど

わからないです。ここではオーソドックスな不動産投資スタイルとその流れについて

見ていければと思います。会社員が行う不動産投資の一連の流れとは

 

物件を探す

不動産投資はまず、不動産投資に必要な投資対象となる物件を探します。

インターネットがない時代は不動産屋さんへ行って数ある物件紹介してもらったりしていましたが、

最近ではインターネットで全国の物件を見ることができます。インターネットでいろいろと物件を見てから不動産屋に足を運ぶ人が多いようです。そこでさらに色々と見ていきます。

 

分析をする

ある程度物件をみて目ぼしい物件があればすぐ購入するのではなく分析をします。

不動産投資をする以上利益が出なければ投資をする意味がありません。

なのでその物件に投資してどれくらいの収益を上げることができそうかなどの

分析しっかりします。ここではいろいろな知識も踏まえて分析をしていかなければいけません。

 

契約をする

分析をして納得がいけば契約をします。

契約時に民法、宅建業法などの法律が絡んできますので、最低限必要な法律面の知識があれば理想です。

契約自体は難しいものではありません。

 

不動産経営をする

不動産投資は、株式投資のような資産運用とは少しちがい、ビジネス・経営と捉えて

運用をした方がいいでしょう。不動産の経営に関する全権が自分にあるので、

よりよく利益を上げるように努めることができます。

 

出口から退場する

ここが意外と不動産投資をしている個人投資家ができていないところだったりするようです。

不動産投資は長期投資というイメージですが、最終的にその物件をどうするのかを考えたほうがいいでしょう。この考えを出口戦略といいます。よくニュースでも日銀の金融政策について流している時に聞く言葉です。出口戦略の考え方には「売る」「リノベーションする」「相続する」など色々あります。

実際に物件を購入する際にはある程度イメージをしておくといいかもしれません。

 

以上簡単ですが会社員が不動産投資を始める場合の簡単な流れとなります。

 

-不動産投資の基礎知識
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産投資初心者向け収益物件知識

不動産投資初心者向け収益物件知識

昔に比べると将来の為に資産運用を行う人が増えてきているようです。 その一つの手段として不動産投資を考えている方も多いいです。 銀行にお金を預けるぐらいなら投資をしよう!貯金よりも貯蓄というスローガンも …

不動産投資は最低いくら必要なのか?

不動産投資は最低いくら必要なのか?

不動産投資に興味はあるけれど実際にそんなお金はないし…と思う人は非常に多いいです。 実際不動産投資を始めるとなるなかなか1歩踏み出しずらいですね。では実際に不動産投資 は最低いくら必要なのでしょうか? …

サブリースとは?

サブリースとは?

不動産投資用語に「サブリース」とうものがあります。ではサブリースとはいったい どのような意味なのでしょうか?   サブリースとは? 賃貸経営には複数の方法があります。完全に自分自身で不動産投 …

不動産投資家としての「負債」の考え方

不動産投資家としての「負債」の考え方

  「負債」という言葉はマイナスなイメージがあります。 不動産投資においても負債という言葉を多く聞きます。一般的には借金をするようなイメー ジですが、投資家として、不動産投資家としての「負債 …

不動産投資についてノウハウ本の効果とは

不動産投資についてノウハウ本の効果とは

不動産投資を始める前にいろいろと知識を深めようと勉強する人は 多いと思います。その方法は色々です。セミナーに参加したり本やブログ、メルマガなど。 法律的なお話しであれば問題ないかと思いますが、ほとんど …