20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

不動産投資の基礎知識

不動産の取得にかかる費用はどんなもの?

投稿日:

不動産の取得にかかる費用はどんなもの?

不動産の投資における不動産売買取引にはさまざまな費用等がかかるようです。。

不動産は、一般的な自動車やその他の物と違います。

「諸費用込み」というような売り方などはしていないようです。

なのでいざ不動産を購入しようとなった場合、意外と他の費用がかかるな…と感じることが

多いいと言います。購入する場合は物件の代金の他にいくらかかるのか、売却する際は金額がどのくらい残るのかなど最低限理解をしておいた方がいいかと思います。

あとから後悔しても遅いのでしっかり覚えていきましょう。

 

購入以外の費用

 

不動産投資における不動産の取得には、不動産の購入価格以外にも様々な費用がかかるようです。

一般的には物件価格の約7%が諸費用として必要と言われています。

なのでたいだい7%で計算をしておけば大きく費用を取られる場合は「なんで?」と

思ってもいいでしょう。

 

では内訳はどのようなものなのか?

 

仲介手数料

不動産業者に支払う仲介手数料がとられます。

これは一般的に賃貸する際にも発生する費用です。よく聞いたことがあるかと思います。

業者が受け取れる報酬には、「宅建業法」で上限が定められていてるようです。

「(売り上げ×3%+6万)×消費税」

となっているようです。

注意点として売買代金が400万円以上の場合の計算とのこと。

これは会社同士さほど差の大きさはないようです。

 

消費税

売主が業者の場合だけ、建物についてのみ消費税がかかるようです。

売主が個人の場合は、消費税はかからないとのこと。

ちなみに土地に消費税はかかりません。

 

印紙税

契約書や領収書などに、税金です。

その記載金額に応じて課税される金額が違うようです。

 

登記費用

購入した不動産の所有権を移転するための登記費用。

要は司法書士さんへの報酬のようです。

 

不動産取得税

約半年後に通知がくるようです。

不動産を取得した際に課税される税金。

 

固定資産税・都市計画税

これは住宅を持つと払う税金で一般家庭でも払っている方が多いいでしょう。

毎年1月1日時点の所有者に課税されます。

一般的です。契約日を基準に日割り計算。その日以降の税金分を買主が売主に支払うようです。

 

ローン事務手数料

不動産ローンの申込をいた場合に金融機関に支払う事務手数料のことです。

費用は金融機関によってバラバラのようです。

 

ローン保障料

ローンの保証会社を利用する場合に発生するものです。

保証人がいない場合、保証会社が代わりに保証人になってくれるというもの。

その手数料といっていいでしょう。

 

と不動産取得には様々な費用が発生するようです。

こういったものは最低限頭に入れておくといいとおもいます。

 

-不動産投資の基礎知識
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産価格が上昇をする理由

不動産価格が上昇をする理由

不動産の価値が上がった。下がったと不動産投資を始める前からよく聞く言葉です。 では不動産価格が上昇をする理由はどのような理由なのでしょうか。   需要があるのかどうか 価格が上昇するという事 …

ワンルームマンション投資のメリットについて

ワンルームマンション投資のメリットについて

不動産投資の1つの種類としてワンルームマンション投資があります。 その名の通りマンションの1室を購入して、その1室を賃貸して家賃収入(インカムゲイン)を得ていく投資方法となります。 比較的安い金額で不 …

不動産投資に向いている人 アイキャッチ

不動産投資に向いている人

人それぞれ不動産投資をしている目的は異なります。 失敗をする人もいれば、成功してどんどん資産が増える人もいます。 投資に100%成功という保証はないのでもちろんすべての人が上手くいっている とは限りま …

不動産投資の心得「ギャンブル性を求めない」

不動産投資の心得「ギャンブル性を求めない」

投資をする人の中には割とギャンブルと勘違いをしている人がいます。 短期的に収益を求めて、負けたとした場合負けた分を取り返そうと 有り金全部をつぎ込む系です。投資はギャンブルではありません。 不動産投資 …

不動産投資と民泊・Airbnbについて

不動産投資と民泊・Airbnbについて

個人投資家との間で新しく「民泊・Airbnb」が話題で注目を集めています。 不動産投資の新しいスタイルとも言われています。 日本人の個人投資家にだけではなく、中国・台湾など海外の不動産投資家達も日本市 …