20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

不動産投資 実践

不動産投資における満室経営にする秘訣

投稿日:

 

不動産投資における満室経営にする秘訣

不動産投資のリスクとして「空室」というものがあります。せっかくローンまで組んで不動産投資用物件を購入したとしても

空室であればまさに宝の持ち腐れです。ましては資産運用の足を引っ張ってしまっている上です。不動産投資において常に「満室」

状態であるということはとても理想です。では満室経営をどのようにすればいいのか。不動産投信おける満室経営にする秘訣を

みていきましょう。

 

満室を続けている秘訣とは

不動産投資は経営と同じとまずは思うことが大切です。自分自身で満室状態にしてそれを維持するには、テクニックが必要のようです。

人それぞれテクニックが違うと思いますが、1つ共通するのは購入物件の部屋の仕様のようです。

例えば、間取りを考えた時に「1K」であるとほどんどが20代をはじめとする「一人暮らし」の方に貸し出すことがほどんどでしょう。

一人ぐらしは引っ越す確率が高く、2年更新というタイミングで部屋を変える人も多いいです。

それを比べる「2DK~2LDK」であれば借りる方は、「ファミリー・新婚カップル」がメインになるかと思います。

この層は一人暮らしの単身に比べると「退去率」がグッと下がるようです。子供の学校、職場の場所など検討すると引っ越すというのは

単身に比べると大変です。なので退去率が低いです。結果満室状態になりやすく稼働率は高くなります。

 

 

不動産投資において物件選びから「間取り」を検討するだけで満室状態を作りやすいのか維持しやすいのかという確率が変わってきます。

購入する際には、間取りも重要視した方がいいでしょう。物件を購入する段階で、不動産投資の満室経営できるかどうかが見えてくるのでしょう。

 

以上、不動産投資の満室の秘訣についてみていきました。

-不動産投資 実践
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産投資と確定申告について

不動産投資と確定申告について

年に1回は「確定申告」という言葉をよく聞くシーズンがきます。 会社員であれば会社が年末調整をしてくれるので確定申告はいりません。なのでほとんど関係ありませんでした。ですが 副業のように他にも稼ぎがある …

新築物件と中古物件について

新築物件と中古物件について

不動産投資を始めようと考えた時に、中古物件にするか新築物件にするか考える人が最近は 多いようです。それぞれにデメリットメリットがあると思います。新築物件と中古物件に ついてみていきましょう。 &nbs …

不動産投資経営におけるコスト

不動産投資経営におけるコスト

不動産投資は物件を購入して終了というわけにはいきません。不動産投資は 経営と同じと言われています。継続的に収益を上げていくには物件のメンテナンスも必要となります。 では不動産投資経営におけるコストとは …

家賃収入でのリスクを考える

家賃収入でのリスクを考える

不動産投資は株式投資と比較すると投資資金が大きいのです。資金が大きい分、成功した場合は安定した収益を得ることができますが、失敗した場合は、損失も大きくなります。そうならない為にも不動産の特性とリスクを …

不動産投資の物件探しの流れとは?

不動産投資の物件探しの流れとは?

不動産投資は「物件」がとても重要です。では物件を購入するには物件を探す必要があります。 では不動産投資の物件探しの流れとはどんな感じなのでしょうか?見ていきましょう。   物件探しの流れとは …