20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

不動産投資 実践

表面利回りと実質利回りの違い

投稿日:

表面利回りと実質利回りの違い

不動産投資を勉強をしていると必ず出てくるキーワード「利回り」。

これは儲けの基準にもなるものなので、不動産投資をやる以上は確実に覚えておかなければ

いいけません。これをしっかりと理解をする為には「表面利回り」と「実質利回り」それぞ

れの意味やまたその違いを知らなければいけないようです。なので表面利回りと実質利回り

の違いを見ていきます。

 

表面利回りとは?

表面利回とはなんなのでしょうか?
一般的に不動産業者が販売している時の利回りは、「表面利回り」となっています。

この表面利回りの計算方法は「満室時での想定家賃収入を物件価格で割り、そして100%を掛ける」ようになっています。

この注意点としては「満室」というところです。空室が出た場合の計算ではないので

表面利回りとなっています。またメンテナンス費用も加味されていないのであくまでものすごく目安な数値となるようです。

 

実質利回りとは

実質利回りは、家賃収入から経費を引いた母数に物件価格に手数料(メンテナンス費なども含む)などの購入手数料などの経費を足した数字で割り、100%を掛けることで利回りを出すようです。

この計算式では、ある程度別でかかるお金も含まれているので、実質的にどのくらいの収入をえることができるのかというのがわかります。

ですが変動率などは加味していないので100%の数値ではないよです。

 

利回りの違いと注意点

表面利回りの場合は、満室時での利回りです。空室ができた瞬間から少し計算がずれてきます。なので空室率を想定し、周辺物件などで実数から、詳しい表面利回りを計算するという方法もあるようです。

実質利回りは、表面利回りに比べると実際に購入した物件の想定利回りを出すことができます。ですが、時間が経過した際の変動率が含まれていあにという点は注意が必要です。

そのときには、定期的な利回り計算をする方法があるようです。

数字を積上げて平均することで実質利回りの数字近づけることが可能のようです。

 

不動産投資をはじめる時には「表面利回り」と「実質利回り」はしっかり理解をしておいた

方がいいようです。

-不動産投資 実践
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産投資の初めに。「購入できる物件を知る」

不動産投資の初めに。「購入できる物件を知る」

不動産投資でやはり重要なのは物件選びです。 実際に不動産投資を始めようと思った時に早速物件探しに行動を移そうとしている人もきっと多いいでしょう。 ですが、その場合気持ち的にも高ぶっているため、やみくも …

不動産投資経営におけるコスト

不動産投資経営におけるコスト

不動産投資は物件を購入して終了というわけにはいきません。不動産投資は 経営と同じと言われています。継続的に収益を上げていくには物件のメンテナンスも必要となります。 では不動産投資経営におけるコストとは …

不動産投資の物件選びのポイント①

不動産投資の物件選びのポイント①

  不動産投資においてもっとも重要なのは物件だと思います。 物件次第で不動産投資が成功するか、失敗するか決めるといっても過言では ないでしょう。不動産投資の物件選びのポイントを調べていきます …

家賃収入でのリスクを考える

家賃収入でのリスクを考える

不動産投資は株式投資と比較すると投資資金が大きいのです。資金が大きい分、成功した場合は安定した収益を得ることができますが、失敗した場合は、損失も大きくなります。そうならない為にも不動産の特性とリスクを …

東京23区内で投資用物件を選ぶ?!

東京23区内で投資用物件を選ぶ?!

不動産投資における投資物件はどこの地域で購入すればいいのか。と迷う人も多いいと思います。 不動産投資で成功している人は、東京23区内で中古ワンルームマンションを購入している人が多いようです。 ではなぜ …