20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

その他

富裕層は不動産投資について

投稿日:

富裕層は不動産投資について

世の中には「富裕層」と呼ばれる人達がいます。

一般的な定義としては金融資産1億円以上保有している人は富裕層と呼ばれています。

なのえ住宅などの資産を含まないものです。現金や株式、債権を1億円以上持っているという人ですね。

富裕層ももちろん不動産投資を積極的に行っているといいます。

ではどのような理由から富裕層は不動産投資をしているのでしょうか?

 

 

資産を今以上にさらに増やす為

 

日本の富裕層を対象にしたデータによると、全体で資産運用をしている割合は約7割のようです。

そのうち「国内不動産投資」をしている人は約2割という数値が出ています。

 

過去からみても富裕層は不動産と切ってもきれないものとなっているようです。

不動産で富裕層になった人は大勢いるようです。また不動産を維持することで

富裕層を維持しているといってもいいでしょう。

 

なぜ不動産投資なのかというと「資産を増えるスピードが速い」ということが

考えられます。

不動産投資は、資金が多ければ多いほど選択肢が増えていきます。

資金があればあるほどアドバンテージがあるといっていいでしょう。

その分のリターンも大きいわけです。

だから富裕層は不動産投資を選んでいるのでしょう。

 

 

節税目的

 

日本の所得税制度は累進課税制度です。高所得者であればあるほど税率が高いです。

その為富裕層は不動産投資を行い「節税」をしているのです。

不動産投資によって得られる不動産所得は、給与所得などと総合課税されるます。

不動産投資が赤字の場合には給与所得の所得額を圧縮して所得税を低減する効果があるのです。

 

要は損をしていなくても赤字ということで節税ができる

この他にも節税の手法は数多く不動産投資にあるようです、

他にも収入がある富裕層であればあるほど節税の幅も広いので不動産投資は節税目的で行っているようです。

 

不動産投資自体が本当に損失になってしまっては本末転倒ではあるのでそこの不動産投資の運用は

重要でしょう。

 

 

富裕層の不動産投資の目的と、サラリーマン、会社員である人達の不動産投資目的は

額が違うだけである程度同じかもしれません。

定期的な収入が入ってきますので安定した生活を送ることを重要としているサラリーマン、会社員の方が多いいかもしれませんが、資産形成をするという意味では同じだと思います。

-その他
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

20代不動産投資初心者でも成功できるのか?

20代不動産投資初心者でも成功できるのか?

今注目されている不動産投資。20代という年齢でも投資を考えている人、実際に投資をしている人が多くなってきました。ですがいざ不動産投資となると未経験者にとっては不動産物件を購入するとなると株式投資に比べ …

サラリーマン(会社員)が不動産投資をするメリット

サラリーマン(会社員)が不動産投資をするメリット

サラリーマン・会社員の方、または公務員の方は平日朝から晩まで働いているのでとても本業が忙しいです。兼業投資家といて株式投資やFXをしていますが、なかなか動向を細かくチェックできないという人も多く資産を …

不動産投資に向かない人はこんな人

不動産投資に向かない人はこんな人?!

何事にも向き不向きというものはあります。それは投資においても不動産投資においてもいえることでしょう。実際に不動産投資を始めようとしている方、20代は自分が不動産投資のセンスがあるかどうかということも気 …

20代から不動産投資を始める人が増えている?!

20代から不動産投資を始める人が増えている?!

20代で不動産投資を始める人が増えているというデータがあるようです。不動産投資を始める人の理由は様々ですが、 老後への対策や、低金利なので貯蓄なら投資しようなど、主体的に資産運用を行う若い世代が増えて …

お金に働いてもらって資産を増やすとは?

お金に働いてもらって資産を増やすとは?

ほどんどの方が自ら働いて汗水流してお金を稼いでおります。ですが投資はどちらかというとお金にお金を稼いでもらうという印象が強いです。ではお金に働いてもらいなかがら資産を増やすとはどのような意味なのか。改 …