20代会社員が学ぶ不動産投資

不動産投資の知識を20代から学びそして発信をしていくサイト。「貯蓄から投資へ」マンション投資・アパート投資・海外不動産投資など

その他

お金に働いてもらって資産を増やすとは?

投稿日:

お金に働いてもらって資産を増やすとは?

ほどんどの方が自ら働いて汗水流してお金を稼いでおります。ですが投資はどちらかというとお金にお金を稼いでもらうという印象が強いです。ではお金に働いてもらいなかがら資産を増やすとはどのような意味なのか。改めて見ていきます。

 

お金に働いてもらう?

投資・資産運用とは、お金があればあるほどお金を呼んでくれます。将来の年金不安や、社会保険料の増加で手取りが減ると言われています。会社員だから安定していると思っている人は特に危険化もしれません。将来を考えると自分で稼ぐ方法以外にも稼ぐ力が必要です。

だからこそ自分とは別にお金にも働いてもらい資産を増やすということは有効だと思います。

 

退職してからの資産運用は…

だいたい仕事では30代は仕事を任され部下も増えくるタイミングで、プライベートも変化する時期です。なので忙しくて資産運用なんて考えられないと思う人が多いいです。

退職してから資産運用を始めるのはとても危険です。資産運用は「時間」が重要です。

60代、70代ではやはり時間もないので、失敗する危険も高くなります。時間があればあるほど

長期投資となり、利益につながる確率が高いです。なので退職してから資産運用するのではなく、20代、30代で投資・資産運用をする方がいいようです。投資を始める時期が早ければ早いほど資産を増やすことができます

 

貯金と投資で生じる資産格差がでる?!

例えば30 歳~60 歳まで同じ年収で毎月10 万円を貯金した2 人を比較します。

1人は不動産などの投資をして年利4%の複利資産運用をした人と、もう1人は普通定期預金で年利0.02%の利幅を得た人だとどのような格差となるのでしょうか?

年利4%を得続けた場合60 歳時点で6,964 万円という着地となり、

年利0.02%のままだった場合は3,611 万円となります。なんと約2倍もの差が生まれるのです。

 

これは結果を見ると「お金に働いてもらったかどうか」という視点があるかどうかで

将来確実に資産格差が生じます。もっというと早く資産運用をやればやるほど資産は増えていくのです。

 

-その他
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産投資に向かない人はこんな人

不動産投資に向かない人はこんな人?!

何事にも向き不向きというものはあります。それは投資においても不動産投資においてもいえることでしょう。実際に不動産投資を始めようとしている方、20代は自分が不動産投資のセンスがあるかどうかということも気 …

20代で不動産投資を始めるべき理由

20代で不動産投資を始めるべき理由

昔に比べると20代の方で不動産投資を始めたいと考えている方が増加傾向に あるようです。おそらく将来への不安や時代の流れである「副業」をしたいと 考えた人が増えたのではないかと思います。20代ながら不動 …

REIT(不動産投資信託)デメリットとは

REIT(不動産投資信託)デメリットとは

最近ニュースでJ-REITのことをよく見ます。不動産投資信託として有名です。 投資初心者の人にとってはわかりやすく手間もかからない為、よい投資、金融商品だと思います。 メリットばかりフォーカルしており …

サラリーマン(会社員)が不動産投資をする理由

サラリーマン(会社員)が不動産投資をする理由

投資の中で不動産投資は根強い人気があります。不動産投資をしている人の中にはサラリーマン(会社員)として働きながら投資をしている人が多いいです。ではサラリーマン(会社員)の人こそ不動産投資をした方が良い …

トランクルーム投資とは?

トランクルーム投資とは?

郊外のロードサイドで「コンテナ収納」といった看板を見たことはあるでしょうか? これは住まいやオフィスというものではなく、モノを収納するために人にハコを貸すという「収納ビジネス」です。これも一つの不動産 …